システムについて

Three Logic FX

こちらのページでは、システムのロジックやシステム運用の考え方についてご説明させて頂きます。

項目

  • 利益率
  • リスクリワード
  • 投資に関するリスク
  • 取引手法
  • システム使用までの流れ
  •  

     

    利益率について

     

    月利平均が10~20%のシステムを組み合わせて複合して運用している。
    相場の状況に応じて部分的に環境にあったシステムを入れ替えて運用している。

    運用している間も、常により良いシステムを開発しながら良いものはどんどん
    無料で提供して利益率、リスクの部分を計算して組み込んでいく。

     

     

    リスクリワードについて

     

    リスクリワードは基本的に1:0.5で勝率にこだわった取引がメインになる。
    ナンピンタイプなど損切りをしない運用方法もありますが、僕の方では基本的に
    リスクリワードを徹底して一回の負けトレードでも最大3%程度に抑えて運用している。

    そのため、運用資金が一回の取引でなくなる心配はありません。
    勝率は、バックテストからの取引成績で88%ほどの実績がある。

     

     

    投資FXに関するリスク

     

    FXのリスクですが、まず追証になって借金になることはありません。
    その理由としては、証券会社が実施しているゼロカットシステムがあるからです。

    これは、追証になってマイナスになったとしても証券会社はユーザーに追証の金額を
    請求しないということです。なので、借金になることはありませんので安心してください。

    また、こちらのシステムもそうですが今までの成績というのはあくまで過去のデータになり
    将来を確約したものではないのでその点、ご理解して使用して頂くようにお願い致します。

     

     

    取引手法

     

    具体的な部分までは、企業秘密で他社にパクられることもありますので伏せさせて頂きますが、
    簡単に説明しますと、オシレーター系のインディケータを使用してリスクリワードを徹底して
    利確、損切りを決めて運用していくスタイルでございます。

    一番、投資家としてしてはいけないことは資金を溶かすことです。いくら、調子が良い時期があっても
    最終資金を溶かしたら負けの世界です。また、某大手証券会社のデータによると、資金の30%以上の損切りを
    するユーザーは近い将来、資金を全て溶かす確率が99%だそうです。

    なので、このデータでもそうですが、一回のトレードの損切り%は徹底する必要がありますので
    僕はこの「資金を溶かさない。中長期的に運用できるシステム。」をベースにしてシステム開発をしています。

    具体的なシステムの内容に触れることは申し訳ございませんが、伏せさせて頂きますが
    きっと気に入って頂けるシステムになっていると自負しております。

     

     

    システム使用までの流れ

     

    ①口座開設
    ②運用資金の入金(30万円以上の入金を推奨)
    ③vpsの契約&設定
    ④申請フォームで連絡
    ⑤システム稼働設定

    具体的なやり方については、LINEでも対応していますし、
    ブログの方でも説明している記事がありますので参考にしてください。